土地家屋調査士コース



CONTENTS

地球をコーディネートする

わが校のキャンパスともいえる
天神中央公園が北に隣接する
「ライセンスカレッジ」

 土地家屋調査士コースでは、先ず法律と建築の基礎の勉強と宅地建物取引主任者の資格を取得するための勉強から始めます。
 宅地建物取引主任者とは、不動産を売買するときになくてはならない人で、この資格を持った人がいなければ、不動産の取引は成立しないという重要な資格です。 
 しかもこれは、最終的に取得を目指していく土地家屋調査士の仕事にも非常に役立つ資格なのです。その後は土地家屋調査士の本格的な勉強に入るわけですが、それと同時に測量士補の資格取得指導も行います。というのも、この資格を持っていると、土地家屋調査士試験の測量試験が免除されるという特典があるからです。
 土地家屋調査士の仕事は不動産の表示に関する登記の代理申請という、社会秩序の基盤をなす重要なものです。その責任はかなり重いうえ、社会的地位も大変高い仕事といえます。社会の発展とともに、活躍の場はますます広がっています。ステイタスの高い将来性のある資格です。

資料請求のページへ

1. 学校紹介
2. キャンパスライフ
3. 募集要項
4. 不動産学科紹介
  不動産法律専攻
  司法書士コース
  行政書士・社会保険労
  務士コース
  土地家屋調査士コース
5 .取得できる資格
6. めざす進路
7. 卒業生の声
8. 資料請求
9. 本校へのアクセス

不動産学科紹介